必要な人に、必要な情報を 減災の先にある「希望」を紡ぐ

災害を防ぐこと(防災)は難しくても、被害を減らすこと(減災)はできる。その思いを胸に、小和田香氏は2015年6月、「減災インフォ」を仲間とともに立ち上げた。世の中にバラバラに存在している災害情報を収集、整理するなど、後方支援を展開している。

災害支援のNPOやボランティア団体、政府機関、企業など、多様なセクターのメンバーが集い、ノウハウや経験の共有を進めている

――「減災インフォ」を立ち上げたきっかけは、何だったのですか。

小和田 「減災インフォ」は、東日本大震災でIT支援を行ったメンバーが集うIT×災害コミュニティの有志が中心となり、発足したプロジェクトです。災害支援には、いろいろな取り組みが必要になりますが、自分であれもこれもやろうとすると、うまくいきません。自分が苦手なことは得意な人・組織と連携し、やらないことはやらないと決めることが大事。私はIT企業に勤めており、3.11時の後方支援の経験から、情報の整備・発信に力を注ぐことに決めました。

東日本大震災で浮き彫りになった課題の一つは、災害時における情報のあり方です。SNSを含めて情報は溢れていましたが、全体像をつかめるような情報がありませんでした。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。