2017年3月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

エンタメの爆発力

『ボケて』仕掛け人が語る 「面白い」サービスのつくり方

イセオサム(オモロキ CSO、ローディー 取締役、狩猟社 取締役、PLAY 代表取締役)

0
​ ​ ​

500万DLを超える大ヒットアプリ『写真で一言ボケて(bokete)』をはじめ、ユニークなサービスを次々と生み出しているイセオサム氏。「遊ぶように働く」をモットーとするイセ氏が、サービス開発の工夫や方法論を語る。

――イセさんは今、4つの会社で役員を務めるなど、ユニークな働き方を実践し、コンセプトとして「遊ぶように働く」を掲げています。

イセ 「遊ぶように働く」なんて、許しがたいと思う人がいるかもしれません。でも、将来は、むしろ遊んでいないと仕事にならなくなると思います。

数十年後、AIは人間の能力を超えると言われています。そのとき、人間を人間たらしめる要素として、何が残るか。AIは遊ぶのが苦手です。人間に残された領域として、「遊び」が浮上してくるでしょう。

今後、便利を提供するサービスは、コンピュータや機械にどんどん置き換えられていきます。一方、「遊び」を提供するエンタメの重要性は高まっていく。将来、人間が考えるべきは、「どう遊ぶか」になるかもしれません。

イセオサム(オモロキ CSO、ローディー 取締役、狩猟社 取締役、PLAY 代表取締役)

この1~2年は「仕込みの時期」

――2012年にリリースしたアプリ『写真で一言ボケて(bokete)』は、500万DLを超え、大ヒットしています。

残り81%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる