市場規模は1.4兆円を突破 数字で見るペットビジネス

日本のペット関連市場は1兆5,000億円に近づいている。主要ペットである犬と猫の飼育頭数は減少しているが、ペットの長寿命化や家族化などを背景に、1頭当たりの消費額が増加している。

ペット関連市場規模の推移と内訳

日本のペット関連市場は年率1%程度で安定的に成長し、2015年度は1兆4,689億円程度と見られる(矢野経済研究所調査)。内訳はフード類が約3割、ペット用品が約2割、生体販売やサロン、医療、保険などのサービスが約5割を占める。

 

出典:矢野経済研究所 ペットビジネスに関する調査2015年

犬と猫の飼育頭数の推移

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り76%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。