アメリカインバウンド 特別な「目的・テーマ」成功のカギ

アメリカからの誘客は、総花的なアピール、どこにでもありそうな内容では難しい。やまとごころの代表・村山慶輔氏は「どういった人に、どんな体験を提供できるのか、テーマを絞り、その意味や価値を効果的に伝えていくことが重要だ」と語る。

サムライ体験や忍者、茶道などわかりやすいコンテンツはアメリカ人観光客に好まれやすい

----アメリカ人観光客の特徴を教えてください。

アメリカからの訪日客数は2015年に、東アジア以外の国で初めて100万人を突破しました。アメリカ人観光客は、9割以上が個人(FIT)であり、団体よりも個人向けのアプローチが必要であることや、お金を払う価値があるか吟味し、理由を求めることがまず特徴として挙げられます。

また、ここ数年、アメリカ人観光客の嗜好に、単純な物見遊山だけの観光「SightSeeing」から、日本の文化を体験したい、歴史的な場所に行ってみたい、建築物を見てみたい、健康的な日本食を本場で食べてみたいといった体験型・観光型の観光「SightDoing」への変化が見られます。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り84%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。