新発想メディアAbemaTV 社長自らクリエイティブを仕切る

サイバーエージェントとテレビ朝日が共同で展開する「AbemaTV」が話題だ。2016年4月11日の本開局からわずか3カ月半で、アプリのダウンロード数が600万を突破した。若者のテレビ離れが進む中、新しいスタイルの動画配信サービスに注目が集まる。

「AbemaTV」は約30チャンネルを24時間、無料で放送するインターネットテレビ局

「AbemaTV」は、“無料で楽しめるインターネットテレビ局”として、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同で展開する新たな動画配信事業。オリジナル生放送やニュース、音楽、スポーツ、アニメ、ドラマ、映画など、多彩なコンテンツを揃えた約30チャンネルを24時間、無料で放送している。

動画サービスではこれまで、いかにテレビデバイスに映すかが競争のカギだったが、「AbemaTV」はテレビにこだわらず、手もとのスマートフォンやタブレット、PCでいつでもどこでも気軽に視聴できる点を重視。さらに、オンデマンドが常識のネット動画配信サービスにおいて、“NOW ON AIR”で今流れているものを見てもらうという視聴スタイルに主眼を置くのも独特だ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。