「不吉」な樹海は、人気の観光地 「負のイメージ」が非日常を生む

旅の非日常性は、何によってもたらされるのか。ときには、「負のイメージ」を持つ観光資源も、非日常の舞台になり得る。今、「死」のイメージで語られる樹海の洞窟探検が、人気を集めている。

「死」や「異世界への入口」といった、ネガティブなイメージで彩られている青木ヶ原樹海。その地を探検する体験型観光に、多くの人が魅せられている

「人はなぜ旅をするのか」とは唐突な問いかけだが、それは突き詰めていくと「日常から離れた非日常的な空間の中で、各人が求める何かを得るため」と定義できるのではないだろうか。都会の喧騒が日常の場合は田舎の田園風景が非日常となり、一方で牧歌的な町並みが日常であれば、都会のスクランブル交差点の中で得られる何かに思いをはせる。

技術革新がもたらした情報化社会の中において、人々の生活はめまぐるしく変化している。同時に、旅行者のニーズは多様化が進み、多くの観光商品が生み出されている。それを購入する消費者心理は、お金をかけてでも、非日常の中にわざわざ得たい何かがあるということに尽きる。今回は、一見変わったユニークな視点で、「非日常」の観光商品を紹介したい。

樹海に年間5000人の観光客

舞台となるのは、山梨県南都留郡。人口5万人弱の地域だが、東京ドーム9000個分の敷地面積の中に富士五湖のすべての湖を有し、観光資源が豊富で行楽シーズンは多くの観光客で賑わう。

観光商品として人気が高いのは、湖で行われるボートやカヌーなどのレイクアクティビティだ。最近ではウェイクボードやフライボードなども、アクティブな若年層を中心に人気がある。

しかし、今回は、爽やかなイメージで彩られた湖が焦点ではない。その逆、と言っては語弊があるかもしれないが、どちらかと言うと負のイメージが否めない「青木ヶ原樹海」で開催される「樹海洞窟探検ツアー」に注目した。

先述の通り、樹海と聞くと、一般的に連想するのは「死」、あるいは「異世界への入口」など、決してポジティブなものではないだろう。それにもかかわらず、このツアーに年間5000名もの観光客が訪れているというのだ。

ツアーを主催するカントリーレイクシステムズ代表の田村孝次氏は、人気の背景をこう話す。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り68%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。