数字で見るビッグデータ、オープンデータ 活用動向を探る

身の回りにある数多くのデバイスから、日々、膨大なデータが生み出され、公共セクターが保有するデータのオープン化も進む。そうした環境の変化によって、新たなビジネスの展開が可能になっている。

ビッグデータの主な構成データ

現代の社会には、さまざまな特性を持つ多種多様なデータが存在。ユーザーには情報を提供している意識がなくても、日常の業務、日々の生活の中から膨大なデータが生み出されている。

出典:総務省「ビッグデータ時代における情報量の計測に係る調査研究」(2014年)

分析に活用されているデータ

「顧客データ」、「経理データ」などの業務データに比べて、M2M(機器同士のネットワーク)データの活用割合は低い。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り62%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。