子どもと高齢者が同居 「共生型施設」が示す子育ての新しい姿

過去5年で小学生以下の人口34%増というユーカリが丘。子育てのしやすさで有名な町では、学童保育と高齢者施設を一体化した「共生型施設」が運営され、注目を集めている。

「ユーカリ優都ぴあ」は、学童保育と認知症の高齢者のグループホームが一体で運営されている関東初の共生型施設だ

子どもと高齢者が共生

「さようなら~!」「また明日ね!」。子どもたちの元気な挨拶と、それに応える職員たち――。小学校が終わった後の子どもを預かる学童保育では一般的な光景だが、千葉県佐倉市のニュータウン・ユーカリが丘にある「ユーカリ優都ぴあ」は、ほかと少し様子が違う。子どもたちに手を振る大人のなかに、高齢者も交じっているのだ。

ここは、学童保育と認知症の高齢者のグループホームが一体で運営されている関東で初めての「共生型施設」として知られる。子どもと入所者が玄関を共有し、鍵を閉めることもなく互いの行き来をオープンにしている全国的にも珍しい施設だ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。