2015年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

クリエイティブのまち青山

「鉄道王」根津嘉一郎から 受け継がれるフィランソロピー

根津公一(東武百貨店 名誉会長、根津美術館 理事長兼館長、根津育英会武蔵学 園理事長)

0
​ ​ ​

「鉄道王」と称され、一代で根津財閥を築き上げた実業家、初代・根津嘉一郎。彼の膨大な数の古美術コレクションは、青山の邸宅跡にある美術館に所蔵されている。都心であっても文化的な奥深さを持つ青山について、初代の孫にあたる現館長に聞いた。

美術館の正面からのアプローチ ©藤塚光政

元々は根津邸であった美術館

根津美術館は、東武鉄道など東武グループを一代で築きあげた実業家、初代根津嘉一郎(1860-1940)が蒐集した日本と東洋の古美術品コレクションを保有・展示している。本人の遺志により、長男の二代根津嘉一郎が、1940年に財団を創立、翌年根津邸に根津美術館が開館した。戦災で展示室や茶室などを含む邸宅は焼失したが、収蔵品は疎開していたために無事で、終戦の翌年には展示を再開している。

「当時は青山といっても赤坂村の一部で、祖母からはキツネやタヌキが出るような田舎だったと聞いています」と語るのは現館長で東武百貨店名誉会長の根津公一氏。初代根津嘉一郎の孫にあたる。

初代は山梨県に生まれ、家業の商家の切り盛りや県会議員などを経て上京し、鉄道事業や電力事業などインフラ事業で成功をおさめる。国会議員も務めるなか、1906年に手狭な神田から引っ越したのが南青山であった。1万5000坪もの敷地に日本庭園や茶室が配されていた。

「祖父は大変気性の激しい人物で、それゆえに、様々な事業を再建し、成功をおさめたともいえますが、身近にいた父は大変だったようです」

趣味の古美術収集でも強気で知られた嘉一郎に転機が訪れたきっかけが1909年の訪米であった。

「アメリカの商工会議所の招きで渋沢栄一を団長とするアメリカ使節団に嘉一郎は若くして選ばれて参加したのです。3か月におよぶ視察の中で、アメリカでは社会的地位を得た実業家が進んで図書館や美術館に寄付を出している。つまりフィランソロピー(社会貢献活動)の文化に触れたのです。ロックフェラーの自宅にも行って、大いに刺激を受けて帰国したようです」

残り66%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる