経済効果は60兆円? 数字で見るデータ活用の未来

各種センサーや携帯電話が世界的に普及するなかで、ビッグデータにおけるパーソナルデータの存在感が高まっている。データ活用の現在と未来を、数字・キーワードでまとめた。

国内データ流通量の推移

出典:総務省「ビッグデータ時代における情報量の計測に係る調査研究」(2014年)

  1. データ活用による売上向上効果は、全産業合計で
    60.9兆円(2012年推計)
  2. 世界のデジタルデータ量は2010年→2020年で
    40倍に増える見込み

 

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り48%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。