2015年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

脱パワポのプレゼン術

自意識を「敵」でなく「味方」に 「リラックスした身体」の秘訣

鴻上 尚史(作家・演出家)

3
​ ​ ​

「伝わる」プレゼンを行うためには、それにふさわしい身体の状態を手に入れる必要がある。「落ち着こう」と考えるのではなく、お腹の下にある「丹田」をイメージするなど、意識的に身体の重心を下げることで、人はリラックスすることができる。

「落ち着こう」、「うまく話そう」と思えば思うほど、人は舞い上がります。「自意識を無視しよう、忘れよう」と思えば思うほど、自意識は大きくなるのです。自意識を捨て去ることはできません。だからこそ、自意識を敵にするのではなく、味方にする必要があります。

人の思考能力は、無限ではありません。話の内容に集中し、その風景を具体的に想像しながら話せば、自意識にまわるはずのエネルギーが減り、自意識からラクになることができます。

新規事業のプレゼンなら、それが実現したときの状況を想像します。そのプロジェクトが成功したら、具体的にどうなるか。それが実現したときのスタッフが活躍するシーン、顧客の反応や周囲の声、オフィスの空気感や温度、窓から光が差し込んでいる風景など、ディティールをイメージするようにします。

受けを狙おうと思うのではなく、具体的なディティールまで想像し、感じとることで、リラックスして話せるようになります。

鴻上尚史(作家・演出家)

「感じる」と「考える」を両立

落ち着くことができれば、人の身体は自動的にその空間にふさわしい身体になります。プレゼンなどの場面でも、自分の身体を、レスポンスが自然にしやすい状態にする必要があります。

まずは、聴衆全体を見ることです。そして、場の全体を身体に入れるイメージを持つのです。身体全体で、会場と対話できる雰囲気になると、会場がゆるみ始めたことや緊張しすぎている状況に合わせて、話し方を変えることができます。

残り74%

3
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる