自意識を「敵」でなく「味方」に 「リラックスした身体」の秘訣

「伝わる」プレゼンを行うためには、それにふさわしい身体の状態を手に入れる必要がある。「落ち着こう」と考えるのではなく、お腹の下にある「丹田」をイメージするなど、意識的に身体の重心を下げることで、人はリラックスすることができる。

「落ち着こう」、「うまく話そう」と思えば思うほど、人は舞い上がります。「自意識を無視しよう、忘れよう」と思えば思うほど、自意識は大きくなるのです。自意識を捨て去ることはできません。だからこそ、自意識を敵にするのではなく、味方にする必要があります。

人の思考能力は、無限ではありません。話の内容に集中し、その風景を具体的に想像しながら話せば、自意識にまわるはずのエネルギーが減り、自意識からラクになることができます。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り86%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。