消防団延2974名17日間の活動

台風26号接近に伴い、16日午前1時より暴風雨警戒のため、消防団幹部120名にて警戒開始。しかし、深夜のため、状況把握及び活動は困難をきたしたが、行方不明者捜索活動では、地域地形を把握していることから、支援隊への情報提供で、捜索活動等に大きな成果をもたらした。

地域性及び近隣准民の把握

2013年10月16日、深夜から早朝にかけ、台風26号が関東南岸を激しい暴風雨を伴い通過し、1時間に122ミリ、24時間雨量824ミリの豪雨が東京都大島町元町地区を集中的に襲い、想像を絶する大規模土砂災害が発生した。この土砂災害により、死者36名、行方不明者3名、負傷者22名、倒壊家屋等287戸の被害をもたらし、島民の尊い人命、財産が奪われる結果となった。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り60%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。