災害情報伝達手段の多様化

東京都江東区は、平成24年に消防庁が募集した「住民への災害情報伝達手段の多様化実証実験」の対象自治体のひとつに選ばれた。江東区のシステムの特徴と実証実験や運用を通じ、見えてきた課題を紹介する。

「過去に大きな地震を何度も経験しており、近年も首都直下型地震の発生が言われているため、地震に対する住民の意識は、昔から現在に至るまで極めて高い。また、区の30%が海抜0メートルということから、水害に対する意識も高い」(江東区総務部危機管理課危機管理係長河谷晋介氏)という江東区。

河谷 晋介 江東区 総務部 危機管理課 危機管理係 係長

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り88%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。