トラッキング火災を未然に防止

コンセントに差し込んだままのプラグから出火して火災になる事故が毎年報告されている。河村電器産業では、こうしたトラッキング火災を防止し、大規模な被害を生む「火災の根源」への対策商品を開発・販売している。

コンセントにプラグを差し込んだままにしておくと、プラグの周りに埃が付着し、それが湿気を帯びるとプラグ刃の両極間に微小な放電が起きる。それが繰り返されると、プラグの絶縁状態が悪くなり、やがてプラグが発熱、最悪の場合は、発火も起こりうる。こうした現象を「トラッキング現象」と呼ぶ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り83%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。