摩擦ゼロの世界

世界全体では、貧富格差、情報格差に起因した国家間、地域間、組織間、ステークホルダー間にさまざまな軋轢があり、世界全体のストレスが増大している

出典:滑り(辷り)という多様で不確実な事象

岩田修一氏 事業構想大学院大学 教授

前日までは東京にとっては45年振りの大雪だった。太陽に照らされ水をたっぷり含んだ残雪が夜の冷え込みで凍結し、アイスバーンと化した路面で久しぶりに滑って転んで肘と腰がまだ痛む。そんな夜、ソチで開催中の冬季五輪では浅田真央選手の歴史に残る感動的なフリーの名演技があった。全てを出し切るという演技には言葉を失い鼓舞されるものがあるが、触発されて摩擦ゼロの世界──滑る(辷る)ことについて考えてみたい。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り88%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。