日本郵便 vs ヤマトホールディングス

全国に郵便局ネットワークを持ち、地域密着で事業を展開してきた日本郵便。一方のヤマトは、宅配便事業のサービス力を高め、成長を遂げてきた。両社の特徴を比較し、今後の戦略を展望する。

080_10.jpg

080_20.jpg

全国のネットワークを活かし、新規事業を展開

日本郵政は、2013年3月期の連結純利益は前期比20%増の5627億円と、07年の民営化以降で最高益を記録した。主として郵便事業が、コスト削減によって黒字化したことが要因だ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り78%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。