OHISAMAシステムの魅力

世界から熱い視線が集まる日本の再生可能エネルギー市場。とりわけ期待の高い太陽光発電市場で急成長を遂げるベンチャー「BIJ」の、躍進の秘訣はどこにあるのだろうか。

世界から熱い視線を集める日本の再生可能エネルギー市場。なかでも比較的導入が容易で費用対効果が得やすい太陽光発電への注目度が高まっている。

合同事業でノウハウを取得し 自社の強みに

こうした中、世界の投資を呼び込み新たなビジネスモデル構築に乗り出す動きが現れた。太陽光発電システムの販売を行うベンチャー企業「BIJ」が4月、欧州市場で太陽光発電所への投資・設備運営を行うmeeco AG(スイス)、再生可能エネルギー会社への投資コンサルティング事業を行うFinergia advisory & finance S.r.l.,(イタリア)との間で合同会社を設立。BIJの強みである生産販売能力と、欧州2社の投資および設備運営ノウハウを集結し、拡大する日本の太陽光発電市場でイニシアチブをとりつつ各社の企業価値増強につなげることが狙いだ。平成26年度5月期には、連結売上高で約40億円の増加を見込むという。

BIJ代表取締役
木地貴雄氏

BIJ代表取締役の木地貴雄氏は、同プロジェクトへの期待を次のように語る。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り65%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。