宅急便もスターバックスも模倣が生んだ「発明」

イノベーティブにビジネスを牽引する月刊「事業構想」読者へ、注目の書籍を毎月ご紹介!

経営学

小倉昌男(著)/1,470 円(税込)/日経BP社

ヤマト運輸の元社長である小倉昌男さんの『経営学』は、日本人の経営者が、自身の経験に基づいて「経営とは何であるか」を論じた最高水準の著作物の一つです。小倉さんは、「儲からない」と言われていた宅急便市場を切り開き、5年で黒字化することに成功しました。

小倉さんは、宅急便を「発明」と称していました。この本には、小倉さんが宅急便事業をどのように発想し、どのようなシミュレーションを行っていたのか、その論理構成が丁寧に書かれており、直接の参考になります。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り72%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。