旅館再生にトレーラーハウス

被災した土地を活用できない。沿岸部の宿泊施設不足。この2つを解決する宿が昨年末、宮城県女川町にオープンした宿泊施設「エル・ファロ」(スペイン語で灯台の意味)だ。同町で被災した4旅館事業者が組合を設立し、国のグループ補助金等を活用して実現に至った。

071-30.jpg

スペイン風のカラフルな客室が並ぶ。女川では町をあげてスペインの港町をモデルにした復興に取り組む。各客室のナンバープレートも、地元の女性団体による手作りのスペインタイルだ

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り77%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。