合併で地と知の領域が拡大 地域産業と共に両利きの経営を目指す

金融再編による合併で名称と共に組織を生まれ変わらせながら、東京・大阪・名古屋の三拠点制で地域経済に寄り添い続けてきた三菱UFJリサーチ&コンサルティング。社内外を問わぬ交流で知の融合を図り、クライアント企業と共に、両利きの経営によるイノベーションに挑んでいる。

船引 英子(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 執行役員 コンサルティング事業本部 名古屋ビジネスユニット長)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り94%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。