2020年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

クリエイティブのまち青山

欲しいものがないなら 自分でつくる

落合 恵子(クレヨンハウス主宰・作家)

0
​ ​ ​

作家の落合恵子氏が、44年前に子どもの本の専門店として青山にオープンしたクレヨンハウス。今では、子どもや女性、高齢者が安心して買い物や食事ができる憩いの空間となっている。

落合 恵子(クレヨンハウス主宰、作家) 撮影*神ノ川智早

クレヨンハウスは、1976年青山にカフェを併設した子どもの本屋さんとしてスタートし、現在では、子どもの本に加え、オーガニックレストラン「広場」、オーガニック食材の店「野菜市場」、安心で安全な世界のおもちゃを集めた「クーヨンマーケット」、女性はもとよりパートナーの男性にも読んでいただきたい本、オーガニックコスメ、インナーやアウターを集めた「ミズ・クレヨンハウス」という総合ショップとして、連日多くの女性や家族連れでにぎわっている。

クレヨンハウス東京店の外観。

クレヨンハウスを主宰するのは、作家の落合恵子氏。

「大学卒業後、文化放送のアナウンサーとして10年間勤めました。それはそれで学ぶことがたくさんありましたが、学生時代からの夢であった活字の仕事がどうしてもしたくて、密かに自分でも書いていました。取材で海外に出かけることも多かったのですが、欧米のまちでは子どもの本の専門店があり、そこには古いテーブルがあって、座り読みができるようになっていまし た。テーブルでは、保護者たちも加わったりして、子ども時代、このテーブルでパパやママが本を読んでいたんだよ、と話しているのをみて、日本でも実現したいと思っていました」と落合氏。

残り74%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる