2018年9月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

人生100年時代のまちづくり

フリーランス1100万人時代 より稼ぐ支援、ライフラインとは

潮田 沙弥(ランサーズ)

0
​ ​ ​

副業解禁など「働き方改革」が進む中で、フリーランスと企業の仕事マッチングサービスで成長してきたランサーズが、フリーランスの生活支援事業に乗り出した。金融や仕事保証などのライフラインを創出する狙いだ。

フリーランスは1100万人に

図1 フリーランス人口と経済規模の推移

(出典)ランサーズ「フリーランス実態調査2018」

創業10年を迎えるランサーズは、2018年に入ってから仕事保証付き教育プログラム、金融サービス、確定申告などの専門家支援、専用仕事スペースやコミュニティづくりを支援するマンションの提供などを次々と打ち出している。フリーランスの仕事紹介のみならず、生活全般を支援する「ランサー生活圏」の創出は、フリーランスの増加とも関係している。

「『働き方改革』の潮流のなかで、副業やフリーランスを支援する国の後押しもあり、弊社の調べでは、広義のフリーランスは2015年の913万人から今年は1119万人に増加しています。経済規模も昨年の18.5兆円から今年は20.1兆円と前年比プラス9%の伸びを見せています。アメリカのある調査は2027年にフリーランスの数が正社員の数を超えると試算されていますが、日本も同じような方向に進んでいくと予想されます。そのなかで、弊社ではフリーランスが得意分野だけを追求できる環境づくりを支援していく方針を掲げています」(ランサーズ・潮田沙弥氏)

同社は、フリーランスが不得意な業務をカバーし、不安や悩みをサポートすることで、個々人の能力をフルに発揮できる環境を整えることを目標に据える。そのために用意したサービスが「FreelanceBasics(フリーランスベーシックス)」だ。

残り69%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる