2018年7月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

21世紀のモノ作りとは?

Appleが示すモノ作りの行方 イノベーションの真髄は設計にあり

吉川 智教(早稲田大学ビジネススクール元教授、横浜市立大学名誉教授)

0
​ ​ ​

グローバルな分業化が進み、先進国のモノ作りが大きく変化している中で、日本のモノ作りは、どのように変わるべきか? これからのモノ作りの方向性を「Designed by Apple in California, Assembled in China」から読み解く。

製造と設計の地理的分離が進行

多くのApple製品には「Designed by Apple in California, Assembled in China」と書かれています。これは「Made in USA」とも違うし、「Made in China」とも違います。

意味することは、米国のカリフォルニア州で設計され世界各国で作られた部品を、中国で製品として組み立てている、という意味です。経済学で言う『製造と設計の地理的な分業化』という現象が起きています。

単なるモノ作りでは競争に勝てなくなっていることが、21世紀のモノ作りの特徴です。これは、米国で生産までを行うといった単なるモノ作りでは、利益が出ないことを明確に示しているとも言えます。人件費が5、6倍もする地域でモノを作ることの困難さを示しています。

残り85%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる