2018年6月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

「食」が変わる

個性で復活目指すビール市場 酒税法改正で高価格帯に有利に

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

バブル崩壊後、25年にわたって減少を続けるビール・ビール系飲料の市場。市場活性化を目指した規制緩和で、様々な個性を持つビールを販売できるようになった。味も飲む場所も好みで決める、個別化した消費に合わせた変化が始まっている。

2018年4月、酒税法が改正・施行され、法律上「ビール」とされる範囲が広がった。大きな変更は(1)「ビール」と表示するために必要な麦芽比率の50%への引き下げ、(2)ビールに使ってもよい副原料の大幅な拡大(下表参照)、の2点だ。

様々な副原料で個性を出す

2018年3月まで、国内で「ビール」として販売するためには、原料の麦芽比率が67%であること、使用して良い副原料は、ホップ、米、トウモロコシ、コウリャン、ジャガイモ、でんぷん、糖類またはカラメルのみ、という条件があった。この条件を満たさないものは「発泡酒」として売られていた。

これは、粗製乱造された「偽ビール」から消費者を守るために設けられた規制といえる。一方で、ビールの出荷数量は、1994年から減少が続いている。ビールの市場を奪った発泡酒や新ジャンルビール系飲料を加えた「ビール系飲料」の合計で見ても、出荷数量の減少は止まっていない。高齢化で酒をたしなむ人の数自体が減っていることや、チューハイやカクテル、ワインなど他のアルコール飲料の選択肢が増えていることも背景にある。

今回の酒税法改正の目的は、国内のビール市場、ひいてはアルコール市場の活性化と言える。減少が続く市場の中でも、プレミアムビールの市場シェアは伸びている。ビールにプレミアム感を追加する方法の1つが、素材として様々な材料を用いること。醸造技術が発達した現在、ビールの素材として様々な材料を用いるのは、材料費の節約というよりも、他との違いを出す目的の方が主になっている。実際に、大量生産・大量消費型のビールに代わって注目を集めているクラフトビールの市場では、各地の小規模地ビールメーカーが、様々な特産品を副原料としてビール系飲料を製造している。

4月の法改正を受け、ユニークな副原料を使った製品がビールメーカーから発表されている。ヤッホーブルーイングは4月1日に、かつお節を副原料として使用した「SORRY UMAMI IPA」の販売を開始。米国への輸出用に作られていたものを、国内でも発売した。

残り65%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる