2018年3月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

人生100年時代の事業構想

2年で導入1万社 人事労務に革命を起こしたSmartHR、次の戦略

宮田 昇始(SmartHR代表取締役)

1
​ ​ ​

社会の「働き方改革」への機運が高まっているが、企業の人事労務部門は日々膨大なペーパーワークに追われ、改革どころではないのが実情だ。SmartHRは、こうした人事労務の課題に対応するソリューションで急成長している。

宮田 昇始 SmartHR代表取締役

「誰がやっても変わらないペーパーワークから、企業の人事労務担当者を解き放ちたい」と話すのは、SmartHR代表取締役の宮田昇始氏。同社は2013年に創業し、2015年11月にクラウド人事労務ソフト「SmartHR」をリリース。従業員の個人情報収集から書類の自動作成、役所へのオンライン申請までを1つのプラットフォーム上で簡単に行えるソフトで、リリースから2年強で導入企業は9300社を突破、2月中には導入1万社を達成する見込みだ。今や日本のHR Techのリーディング企業と見なされている。

人事労務部門の課題を発見

宮田氏が人事労務部門の課題解決を志したのは、2つの経験がきっかけだった。

ひとつは、妻の妊娠・出産。「小さな会社に勤めていた妻が、産休ための書類を自分で記入しているのを見たとき、非常に驚きました。産休申請には書類が10枚ほど必要ですが、1枚毎に専門書籍が必要なほど難解で、しかも提出先が年金事務所やハローワーク、労働基準監督署、健康保険組合などに分かれています。1カ所の窓口に提出するのに数時間待たされることもありました」

残り78%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる