2018年2月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

産官学連携ベストプラクティス研究会

異業種の企業、研究者がコラボして地域の課題解決に挑戦

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

様々な業種の企業が、横断的なつながりを作りながら、自治体と連携しその課題解決を目指す。2回目となる産官学ベストプラクティス研究会では、NTTドコモ、花王が自社の蓄積した知見を発表した。その後のグループディスカッションでは、企業の枠を超えて、課題解決の方法を探った。

保田隆明 神戸大学大学院経営学研究科 准教授

行政と、複数の企業が協働・協創するプロセスを解き明かすため、事業構想大学院大学が主催する産官学連携ベストプラクティス研究会。1回目には、今回の研究会のフィールドとなる豊岡市の状況の説明と、参加企業のうち3社の説明があった。

2017年11月に開催された2回目の研究会では、NTTドコモ、花王による自社の取組の紹介の後、神戸大学大学院経営学研究科の保田隆明准教授のファシリテーションを受けながら、豊岡市への支援策を検討する、グループワークの場を持った。

残り85%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる