上場した起業家に学ぶ 資本戦略で成功する方法

融資に頼らず、投資家からの出資で巨額の資金を調達。そして、株主とのリレーションを深め、成長の原動力に。インフォテリア・平野社長が、起業のファイナンスを語る

平野 洋一郎(インフォテリア 代表取締役社長 / CEO)

――インフォテリアは、1998年の設立当初から銀行からの融資ではなく、投資家からの出資を中心に資金調達をしてきました。

平野:前職で米国のソフトウェア企業、ロータスに勤めていましたが、同社では同僚が次々と起業していました。驚いたのが、資金調達の金額です。日本のベンチャーは数百万円の資金繰りに苦労しているのに、米国では、多くの起業家が億単位の資金を調達していました。

どれだけの資金があるかで、成長の速度は変わり、到達点も変わってきます。資金力に勝る米国のソフトウェア・ベンチャーは、優秀なエンジニアを何人も雇って、迅速にプロダクトを開発する。一方、日本のベンチャーは、受託で日銭を稼ぎながら、空き時間で開発を行う。日本と米国では、竹槍と大砲のような歴然とした差がありました。

資金調達においても、米国のモデルを日本に持ち込まなければ、グローバルで勝つことはできない。そう考えて、投資家からの資金調達を志向しました。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り83%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。