2017年6月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

空き資源活用のアイデア

公的不動産の活用、起業家が挑む 570兆円の巨大市場に照準

野尻 佳孝(テイクアンドギヴ・ニーズ 代表取締役会長)

1
​ ​ ​

テイクアンドギヴ・ニーズの野尻佳孝会長が、公共領域での事業を活発化させている。また、並行して、イノベーションを生み出すための新会社も設立。ブライダル事業で成長を遂げてきた同社は、次の展開をどのように見据えているのか。

公的不動産の新たな活用法を探るために、2017年1月から開催されている「パブリック・アライアンス・トーク」。多くの参加者を集めて、行われている

今、全国には約570兆円の公的不動産があると言われている(2012年末時点、国・地方公共団体が所有する固定資産・及び土地の総額)。しかし、その中には遊休化していたり、運営等の問題により本来のポテンシャルが発揮されていない施設もある。

公的不動産の活用に、もっと多くの民間企業が参入すれば、社会を変えていくことができる――。今、公と民をつなぐ新たな活動を展開しているのが、テイクアンドギヴ・ニーズ(T&G)の野尻佳孝会長だ。

野尻 佳孝(テイクアンドギヴ・ニーズ 代表取締役会長)

残り85%

1
​ ​ ​

バックナンバー

最新情報をチェック。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる