未来の女子野球を守るために、子どもの憧れであり続ける意志

「男子は野球、女子はソフトボール」。日本ではいまだにその認識をする人が多いだろう。しかし2009年、女子プロ野球リーグが発足し、現在4つのチームによる戦いが行われている。川端友紀内野手は、リーグ発足当初から女子プロ野球を支えた一人。女の子だって野球がしたい。そんな少女の想いを諦めさせないために、川端が拓いた活路とは。
文・小島 沙穂 Playce

 

川端友紀は野球の好きな少女だった。現役プロ野球選手である兄・慎吾とともに男子に交じって野球をプレーする日々。周囲の女子にとって野球は『怖い』と思われることの多いスポーツで、友達を誘っても、なかなか一緒にプレーすることはできなかった。

残念ながら当時の日本には、女子が野球をプレーする環境は整っていなかった。川端も中学に入る際にソフトボールへ転向、高校、プロと着々と歩んでいった。そんな中、日本女子プロ野球リーグが発足し、川端は再び野球中心の人生を歩むことを決意する。

2009年、女子プロ野球リーグのための、第1回トライアウトの現場で彼女は初めて"仲間たち"に出会った。自分と同じように野球が好きでプレーする女子選手がこんなにたくさんいる。それだけでうれしかった。ここに集う選手たちとともに、女子プロ野球をつくっていこう。

そこから彼女の野球人生はリスタートしたのだ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。