宿泊予約のカジュアル化が進展 ホテル・旅館はどう対処すべきか

今、数多くの宿泊予約サイトが存在しており、インバウンドのニーズを狙うためには、海外サイトへの対応も求められる。宿泊施設は、現場の業務が複雑になるのを避けつつ、システムを運用しなければならない。そうした課題は、宿泊業の周辺に新たな市場を生み出している。

コネクター・ジャパンは、数多くの宿泊施設のインターネット活用支援を手掛ける。「豪華カプセルホテル 安心お宿」(左)や「城崎温泉 つばきの旅館」(右)など、支援する宿泊施設の業態は幅広い

近年、インバウンド(訪日外国人)の増加に伴い、東京や大阪をはじめ、都市部の宿泊需要は盛り上がりを見せている。こうした動きは、ホテル増築や新たな簡易宿所(カプセルホテル、ゲストハウスなど)、民泊施設の開業など、さまざまな新規参入者に成長の機会をもたらしている。

地方にも広がるチャンス

2013年に創業したコネクター・ジャパンは、宿泊施設向けITサポートなどを手掛けるベンチャー企業だ。これまでにホテル・旅館約2000社、チェーンホテル約50社と取引しており、数多くの宿泊施設の業務改善、売上げ向上を支援してきた。

宿泊業の現場を熟知するコネクター・ジャパン代表取締役、中濱康広氏は、今後、インバウンドの宿泊需要は地方にも広がっていくと見ている。

「都市部やゴールデンルート(東京、富士山、京都、大阪)の観光に満足した外国人旅行客は、次の訪日の際、それぞれの趣味・嗜好に合うコンテンツを求め、地方へ足を伸ばすようになるでしょう。地方の旅館・ホテルには、チャンスが広がっています」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り75%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。