2017年5月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

新・観光ビジネス

宿泊予約のカジュアル化が進展 ホテル・旅館はどう対処すべきか

中濱康広(コネクター・ジャパン 代表取締役)

0
​ ​ ​

今、数多くの宿泊予約サイトが存在しており、インバウンドのニーズを狙うためには、海外サイトへの対応も求められる。宿泊施設は、現場の業務が複雑になるのを避けつつ、システムを運用しなければならない。そうした課題は、宿泊業の周辺に新たな市場を生み出している。

コネクター・ジャパンは、数多くの宿泊施設のインターネット活用支援を手掛ける。「豪華カプセルホテル 安心お宿」(左)や「城崎温泉 つばきの旅館」(右)など、支援する宿泊施設の業態は幅広い

近年、インバウンド(訪日外国人)の増加に伴い、東京や大阪をはじめ、都市部の宿泊需要は盛り上がりを見せている。こうした動きは、ホテル増築や新たな簡易宿所(カプセルホテル、ゲストハウスなど)、民泊施設の開業など、さまざまな新規参入者に成長の機会をもたらしている。

地方にも広がるチャンス

2013年に創業したコネクター・ジャパンは、宿泊施設向けITサポートなどを手掛けるベンチャー企業だ。これまでにホテル・旅館約2000社、チェーンホテル約50社と取引しており、数多くの宿泊施設の業務改善、売上げ向上を支援してきた。

宿泊業の現場を熟知するコネクター・ジャパン代表取締役、中濱康広氏は、今後、インバウンドの宿泊需要は地方にも広がっていくと見ている。

「都市部やゴールデンルート(東京、富士山、京都、大阪)の観光に満足した外国人旅行客は、次の訪日の際、それぞれの趣味・嗜好に合うコンテンツを求め、地方へ足を伸ばすようになるでしょう。地方の旅館・ホテルには、チャンスが広がっています」

残り75%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる