2017年3月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

エンタメの爆発力

ドローン操縦レース 空を「エンタメの舞台」に変える

黒田 潤一(Drone Games 代表取締役社長)

0
​ ​ ​

空撮や測量、災害救助など、さまざまな用途で注目されている小型無人機「ドローン」。ドローンを使い、新たなエンタテインメントをつくり出している企業が、Drone Gamesだ。多くの企業・自治体とコラボし、誰でも楽しめる「空のゲームコンテンツ」を生み出している。

『ニコニコ超会議2016』では、誰でも簡単にドローンを楽しめる企画として、ドローンを使った「UFOキャッチャー」を実現

ドローン(小型無人機)を使って、空をエンタメ空間に変える。2015年9月に設立されたベンチャー企業、Drone Gamesは企業や自治体とコラボし、ドローンの操縦レースやドローン大運動会など、ドローンを使ったイベントの企画・運営を手掛ける。

ドローンはさまざまな用途開拓が模索されているが、Drone Games・黒田潤一社長は、エンタメの領域にチャンスを見出している。

「ゲームが起爆剤となって新しいメディア、デバイスが普及するように、新しいテクノロジーは、エンタテインメントと親和性が高い。エンタメならば、多くの人がドローンの魅力に触れやすくなり、業界にとってもプラスになります」

今、ドローンを使えば、集客やメディアへのPRが期待できる。Drone Gamesには、多くの商業施設や自治体から引き合いがあるという。

残り81%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

事業構想セミナー・説明会

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる