2017年2月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

空き資源活用のアイデア

廃校は若者たちの「創造の場」 過疎地に生まれた「自由な図書館」

吉見 正孝(阿東文庫 代表)

0
​ ​ ​

廃校になった地域の小学校を活用し、本を収蔵して図書館に。その取り組みに関心を持った若者たちが集まるようになり、数々のプロジェクトを展開。過疎地の廃校が、創造と実践の場になっている。

廃棄される本を引き取ることで始まった「阿東文庫」。現在、校舎内には、膨大な数の本が所蔵されている

山口県山口市阿東は、山一つ越えれば島根県という県境の町。高校を卒業した若者は、仕事を求めて山口市の中心部や県外に出てしまい、地元には帰って来ない。典型的な高齢化した過疎のまちだ。

地元の人からは「何の魅力もない、ただの田舎」と称される場所に11年前、小さな図書館「阿東文庫」がひっそりと生まれた。

「きっかけは廃品回収でした」と、発起人の吉見正孝氏は語る。

吉見正孝(阿東文庫 代表)

廃棄される本の山に驚く

吉見氏は、体調を崩した知人の代わりに廃品回収の仕事をしていた際、大量に廃棄される本の山に驚いた。貴重な本を捨ててしまうのはもったいないと、最初は自宅に保管していたのだという。

残り81%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる