廃材を救い、人と思いをつなぐ 建築建材のリサイクルショップ

アメリカ・ポートランドにある建築建材のリサイクルショップに感銘を受け、信州諏訪で始まった「リビルディングセンタージャパン」。見捨てられていたものに、もう一度価値を見出し、廃材利用の文化をつくる。

2016年9月末にオープンした「リビルディングセンター」。古材・古道具の販売所、デザイン事務所、カフェという3つの事業を展開している

「リビルド・ニューカルチャー(ReBuild New Culture)」を理念に掲げるリビルディングセンタージャパン。デザイナーの東野唯史氏が長野県諏訪市を拠点に、廃材に価値を見出し、再利用する文化を日本につくろうと立ち上げた。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り89%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。