2017年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

「自然資源」はチャンスの宝庫

廃材を救い、人と思いをつなぐ 建築建材のリサイクルショップ

東野 唯史(リビルディングセンタージャパン 代表取締役)

4
​ ​ ​

アメリカ・ポートランドにある建築建材のリサイクルショップに感銘を受け、信州諏訪で始まった「リビルディングセンタージャパン」。見捨てられていたものに、もう一度価値を見出し、廃材利用の文化をつくる。

2016年9月末にオープンした「リビルディングセンター」。古材・古道具の販売所、デザイン事務所、カフェという3つの事業を展開している

「リビルド・ニューカルチャー(ReBuild New Culture)」を理念に掲げるリビルディングセンタージャパン。デザイナーの東野唯史氏が長野県諏訪市を拠点に、廃材に価値を見出し、再利用する文化を日本につくろうと立ち上げた。

「リビセン(リビルディングセンター)は、建築建材のリサイクルショップです。当たり前のように古材が身近にある、そんな暮らしや文化をつくっていきたい」

東野唯史(リビルディングセンタージャパン 代表取締役)

400人以上の協力を得て完成

着想はアメリカ・オレゴン州ポートランドにある同名の施設「ReBuilding Center」から。

残り81%

4
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

事業構想セミナー・説明会

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる