新しい「飲み屋」、若者をつかむ セルフ式、100種の酒が飲み放題

時間無制限、持ち込み自由で、約100種類の日本酒を飲み比べできるセルフ式店舗など、新しいサービスで、若者や女性のニーズを掘り起こしているリカー・イノベーション。ウェブから「まちの酒屋さん」まで、多様なビジネスを展開し、酒ビジネスを変革する。

約100種類の日本酒が揃う『KURAND SAKE MARKET』。時間やお金を気にせず、自由に日本酒を楽しめる「新しい飲み屋」だ

3000円で約100種類の日本酒が飲み放題。時間無制限、セルフサービスで酒をつぐ独自のスタイルで話題の店舗『KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)』。店内にキッチンはなく、食べ物を自由に持ち込んで楽しめるシステムも、これまでの居酒屋にはない発想だ。

2015年3月、池袋に1号店をオープンして以来、女性を含めた20代~30代を中心に人気が広まり、現在は新宿、浅草、渋谷、大宮と5店舗を展開。運営するリカー・イノベーションを率いるのは、荻原恭朗社長だ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り84%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。