2016年11月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

クリエイティブのまち青山

ひろがるデザインの可能性 まちの「中心」を地方にもつくる

廣村 正彰(グラフィックデザイナー)

0
​ ​ ​

青山を拠点に活動する、グラフィックデザイナーの廣村正彰氏。日本科学未来館、西武池袋本店の屋上庭園のデザインなど、東京を中心に活躍している。一方、地域でデザインの力で課題を解決し、まちの価値を高めるプロジェクトにも取り組む。

ヨックモックが南青山に展開する「UN GRAIN(アン グラン)」。

お菓子の下に保冷剤が入る包装材をデザインし、保冷効果を持ちつつ保冷剤が外から見えないように工夫している

廣村正彰氏は、数多くの商業施設や美術館などのグラフィックデザイン、サインデザイン、CI(コーポレート・アイデンティティ)、VI(ビジュアル・アイデンティティ)計画を手掛ける日本を代表するグラフィックデザイナー。代表作として、日本科学未来館、横須賀美術館、9hナインアワーズ、すみだ水族館、あべのハルカス、TOTOミュージアム、そごう・西武、ロフトのアートディレクションなどがある。

残り84%

0
​ ​ ​

バックナンバー

最新情報をチェック。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる