出産で退職する女性は60%以上 数字で見る「女性活躍」の今

管理職に占める女性割合が国際的に見て低いなど、日本における女性活躍にはまだ多くの課題がある。女性活躍と起業の現状について、統計データ等をもとに分析する。

管理職に占める女性割合の国際比較

日本は女性就業者の割合は国際的な水準(40%台)にあるが、管理職に占める割合は国際的に見ても低い。ちなみに、女性管理職の約4割が未婚者(男性管理職は1割未満)であり、子どものいない女性管理職が約6割を占める(男性管理職は約2割)。

出典:日本・・・総務省統計局「労働力調査」、その他・・・労働政策研究・研修機構「データブック国際労働比較2013」注:日本は2012年データ、その他は2011年データ

女性管理職が少ないあるいは全くいない企業の理由

 

54.2% 現時点では、必要な知識や経験、判断力等を有する女性がいない
22.2% 管理職に就くための在職年数等を満たしている者はいない
19.6% 勤続年数が短く、管理職になるまでに退職する
17.3% 女性が希望しない
11.6% 家庭責任を多く負っているため責任ある仕事に就けられない

出典:厚生労働省「雇用均等基本調査」(2011年)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り60%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。