2015年7月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

MPDの本棚

新しいパブリックの可能性 「空き」公共空間にアイデア

馬場正尊(Open A 代表取締役)

0
​ ​ ​

「楽しい公共空間」。この言葉を聞いて、どのような空間を思い浮かべるだろうか。実現を目指すのは、Open A代表の馬場正尊氏だ。これまで公共の場でイベントを企画する中で、度々「パブリックの壁」にぶつかった経験があるという。

「公園では子どもの遊びが規制される、市民が楽しむための新しいイベントも前例がないとできない。『パブリック』という本来の目的に沿って、市民に開放された空間が少なくなっています。このままでは公共空間は使われなくなり、莫大なお金をかけて維持されるだけの場所になってしまいます」

公共空間の有効活用は、今後の自治体の最重要課題のひとつである。人口減少で税収は減少していき、一方で、高齢者が増え、社会に求められる課題は多様化し、サービスの質の向上もしなければならない。財政状況から考えても業務を民間に委ねる必要がある。

PUBLIC DESIGN― 新しい公共空間のつくりかた
馬場正尊(著、編集)
Open A(著、編集)
学芸出版社
本体1,800円+税

新しいパブリックの可能性佐賀県武雄市の図書館のように、民間に運営委託をしたことで公共空間が活性化し、利用者数が増えた例もある。

「廃校になった小学校、使わなくなった庁舎、倉庫、国鉄のトンネルなど、空きの公共空間は全国各地にあります。よりシンプルに社会に流通し、民間の資本やアイデアや人材が向かう仕組みを作っていくべきです」

著書「PUBULIC DESIGN」では、新しい公共空間を提示した6人の実践者たちにインタビュー。その中で、これからの時代に必要なパブリックデザインのキーワードを6つ提示している。マネジメント、オペレーション、コンセンサス、プランニング、マネタイズ、プロモーションである。新しいパブリックをデザインするには、6つの要素を横断的に結びつけ、強固につなぎとめる明快なコンセプトが必要だという。

さらに馬場氏は、自治体が抱える遊休施設を発掘・紹介するサイト「公共R不動産」を3月にオープン。自らモデルをつくり、紹介することで行政と民間をつなぐ役割を果たす。

残り63%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる