地域ニーズに応じた事業構想を

「地方創生」が加速している。1月、政府は内閣官房の「まち・ひと・しごと創生本部事務局」に、事務次官級のポストとして「地方創生総括官」を新設、また内閣府の「地域活性化推進室」を「地方創生推進室」に改編し、職員の数を300人規模に倍増、国の「総合戦略」に続いて、全国各地の自治体の「地方版総合戦略」策定を支援するという。

戦略とはいうもののまたも計画かという声も聞こえてきそうだが、これを「事業構想」と読み替えてはいかがだろう。政策より事業、計画より構想を優先させるのである。地域の未来のためにわれわれは具体的に何をなすべきか、アンケート調査結果が示唆するように、これまでにない事業アイデアの創出がもとめられている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り73%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。