「かわいく変身」は世界のニーズ 大ヒットする着せ替えアプリ

リリースから2年5ヵ月で、全世界3200万ダウンロードを記録した、アイコンの無料着せ替えアプリ「ココッパ」。世界の若い女性の心をつかんだ、そのヒットの理由とは?

ココッパは、海外ユーザーが86%を占める

今、世界中の若い女性に支持されている日本発のアプリがある。スマートフォン上のアイコンや壁紙を、自分好みのデザインに着せ替えするアプリ「CocoPPa(ココッパ)」だ。

一切のプロモーションを行っていないにもかかわらず、2012年7月のリリース以来、右肩上がりでユーザーは増加し、2年5ヵ月で3200万ダウンロードに達している。大きな特徴は、ユーザーの86%が海外であること。

ココッパを提供しているのは、インターネットのメディア・広告事業を手掛けるユナイテッド。広告宣伝費ゼロで国境を越え、「着せ替え好きの若い女性」の心をつかんだココッパは、どのようにして生み出されたのか。

「素人」の若い女性が企画

スマートフォンメディア事業を統括する取締役兼執行役員の手嶋浩己氏は、開発の経緯をこう語る。

「もともと当社は、自分たちでスマホアプリを開発した実績もなく、知名度もなかったので外からエンジニアを雇うことはできませんでした。そこで、新卒で採用した若い女性を担当につけたんです。アプリ開発を一から勉強してもらうために、いろいろなアプリをお試しでつくらせていました。そうした時に、『若い女性向けサービスで長く使ってもらえるもの』というお題を出したら、メンバーから出てきたアイデアが『キャラ弁当のコミュニティ』と『スマホのアイコンの着せ替え』でした。どちらを開発するのか迷いましたが、最終的にココッパを選びました」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。