クールジャパン機構 地方に眠る「クール」を発信

2013年11月に設立された官民ファンド「海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)」。日本のコンテンツ、ファッション、食などの海外展開を支援する同機構を率いるのは、イッセイミヤケ社長などを経験した太田伸之氏。太田社長は、「地方発世界」の実現を目指す。

太田 伸之(クールジャパン機構 代表取締役社長)

日本の強み、それは日本人が持つ気質だと思います。丁寧で、きめ細かく、まじめに仕事に取り組む。あらゆるジャンルにおいて、この気質が一番の日本の強みでしょう。

ただし裏を返せば、これは弱点にもなります。職人気質で丁寧に仕事をする反面、自己PR、セールスプロモーションがとても下手だと思います。

支援対象はジャンルを問わず

日本には世界に認められるクールなモノがたくさんあるのに、ビジネスのやり方がクールではありませんでした。クールジャパン機構では、メディア、コンテンツ、食、ファッションなど幅広い分野で、世界で高く評価される可能性があるものを積極的に海外に発信していきます。

海外で日本のモノを売るというと「和」や「伝統」というイメージがありますが、クールジャパン機構が支援する対象は、それにとどまりません。たとえば、日本産のワインやウィスキー、ラーメンや有機栽培の野菜もすべて支援の対象です。逆に言えば、「クール」という言葉に惑わされすぎてもいけないと考えています。

投資先を決めるうえでは、当社の支援基準にのっとり収益性を考慮することはもちろん、以下の条件を大切にしています。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り74%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。