ロボットベンチャー座談会 ビジネス立ち上げのポイントは何か

ロボットビジネスを立ち上げるには、どのようなポイントを留意すべきか。鍵ロボット「Akerun」で注目を集める株式会社フォトシンスのメンバーに、開発プロセスや事業化の苦労、戦略などを聞いた。

スマートフォンを認識して扉の鍵を自動で開け閉めしてくれる。そんな、ありそうでなかった鍵ロボット「Akerun(アケルン)」が注目を集めている。

開発したフォトシンスは、平均年齢26歳のメンバーで構成。ソフトバンクやパナソニックなどの企業から飛び出した彼らは、それぞれ異なるバックボーンを活かし、わずか半年程度で事業化までの道筋をつけた。ハードとソフトの両面が求められるロボットの開発やチームビルディング、ビジネスモデルの構築はどのように行われたのか。中心メンバー5人に聞いた。

鍵ロボット「Akerun」はスマートフォンを認識して扉の鍵を自動で開け閉めする。家電との連携や、人工知能の搭載も検討中

一番アナログなものをロボットに

――まずは、鍵ロボット「Akerun」の基本機能についてお話いただけますか?

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り91%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。