ホワイトカラーの仕事がなくなる? 人工知能の「10年後」とは

ロボットに不可欠な人工知能(AI)。そこで今、大きな地殻変動が起きている。ディープラーニングという手法が登場し、AIの50年来の壁が破られようとしている。これから10-20年で、AIはビジネスや社会を激変させるはずだ。

50年来の壁を破る

「人の脳をコンピューター上で再現する」という人工知能(AI)への取り組みは1950年代から始まった。脳の働きは電気信号と化学変化で説明できるため、その情報処理をプログラム化することは不可能ではないはずだ。しかし今まで、それが実現することはなかった。

「ディープラーニングという新しいアプローチは、AIにおける50年来のブレークスルーと言えます。社会とビジネスに大きなインパクトを与えることは間違いありません」と、東京大学工学研究科の松尾豊准教授は指摘する。

松尾氏によれば、今まで3度のAIブームがあった。1度目は1950-60年代で、「推論・探索」というアプローチ。解きたい問題を探索木のような形で正確に記述することで、コンピューターに処理させる仕組みで、プロに勝てる将棋プログラムもこの応用だ。

1980年代の第2次AIブームは「知識を入れると賢くなる」という手法。有名なものが対話システムのELIZAで、SiriやIBMのWatsonはこの発展と言える。つまり対話のルール(知識)を設定して「会話が成り立っている」と人に思わせる仕組みだ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り76%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。