タイプ別分電盤製品比較

木造密集市街地の延焼危機を減らす対策として、まずは建物の不燃化推進や住民によるの初期消火体制の構築が重要ですし、これまでどおり地道にすすめていく必要があります。一方、阪神・淡路大震災や東日本大震災など最近の地震火災の半数は電気に関係する火災であることがわかっています。したがって、地震時に揺れを感じて自動的に電流をシャットする感電ブレーカーが普及することは地震による出火件数を半減させることが期待できるもう一つの有望な対策です。

延焼の危険性を低減する「感震ブレーカー」

近年、東日本大震災の教訓を踏まえ、南海トラフ地震に係わる地震防災対策や首都直下地震対策について積極的に議論されている。中でも、首都直下型地震については、木造住宅密集市街地における同時多発延焼火災等の危険性が改めて指摘されている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り91%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。