革新的イノベーションの源泉とは チームでの「協創」が鍵

「イノベーション」を起こせるアイデアの条件は何か。1つ目は見たことも聞いたこともないこと、2つ目は実現が可能なこと、そして3つ目は物議を醸すことと、『システム×デザイン思考で世界を変える』の冒頭に書かれている。

システム×デザイン思考で世界を変える
前野 隆司(編著)
本体1,800円+税/日経BP社

日本では技術に基づく、改良型のイノベーションはこれまで行われてきた。編著者の前野隆司氏は「これから必要なのは、ゼロからの発想。これまで市場になかったような新しい製品やサービスを生み出す『革新的イノベーション』が求められている」と語る。

この書籍では、物事をシステムとしてとらえる「システム思考」と、チームでの協創やオブザベーション、プロトタイピングを重視する「デザイン思考」とを融合させる新しい学問となる『システムデザイン・マネジメント』の考え方と手法を紹介している。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り72%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。