2014年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

水ビジネス

水ビジネスは技術力<発想力

竹村公太郎(日本水フォーラム代表理事兼事務局長)

0
​ ​ ​

いかに持続可能な水ビジネスのモデルをつくり、世界に貢献するか。日本水フォーラム代表理事の竹村公太郎氏は、水ビジネスの成功条件として、技術にとらわれない事業発想と、官民連携の重要性をあげる。

竹村公太郎 日本水フォーラム代表理事兼事務局長

水で海外に依存する日本

「21世紀は水をめぐる争いの世紀になるだろう」。世界銀行の副総裁だったイスマイル・セラゲルディン氏が1995年に発言した言葉は、今、現実のものになりつつある。

世界の人口は1900年から2000年までの100年間で3.7倍に増加。それと同時に、水消費は約7倍に増えている。地球上の水のうち、人類が利用できる淡水源は0.01%しかなく、2025年までには世界の3分の2の国々で水ストレスに直面すると予想されている。実際、限られた水をめぐる紛争はインド、東南アジア、アフリカなど世界各地で起こり始めた。

日本も他人事ではいられない。「日本は水資源に恵まれた“瑞穂の国”と表現されますが、これは全くの誤りです。本当は水も、エネルギーも、原材料も世界に依存しています」と、NPO法人・日本水フォーラムの竹村公太郎代表理事兼事務局長は指摘する。

残り82%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる