2014年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

事業計画書分析

「映画風」資料で楽しさを演出

高橋興史(カレイドソリューションズ代表取締役)

0
​ ​ ​

「ビジネスゲーム」という独自の領域で、企業向け研修の開発・提供、研修の内製化を手掛けるカレイドソリューションズ。他にはない「価値」を伝えるために、説明にも工夫を凝らす。

「言いにくいことを伝える」ことで、アサーション(自己主張しつつも相手に配慮するコミュニケーション)を学ぶゲーム『イエナイヨ』。各カードには、本音が言いづらい状況が書かれており、参加者は、その状況でどのように本音を伝えるかを競う

ビジネスゲーム研修の開発・提供を手掛けるカレイドソリューションズ。一部上場の商社や人事コンサル会社等を経て、2008年に同社を起業したのが高橋興史代表だ。

高橋代表はこれまでに30以上のビジネスゲームを独自開発してきた。グローバル人材育成ゲーム、モチベーションゲーム、財務会計ゲーム、コミュニケーションゲームなどその内容は幅広い。

これらのビジネスゲームは、どのように開発されているのだろうか。

高橋興史 カレイドソリューションズ 代表取締役

「企業のニーズから発想するときもありますし、シーズ(使いたいゲームの仕組みやルール)をもとに、何ができるのかを考えるときもあります。ゲームの仕組みについては、海外のボードゲームから知見を得ることが多い。ゲームには、定量的に考える、相手と交渉する、複雑な駆け引きが必要になるなど、ビジネスに通じるノウハウが詰まっています」

ゲームというと「子供の遊び」という印象を受けてしまいがちだが、近年、ゲーム以外の分野にゲームの発想・仕組みを活用する「ゲーミフィケーション」が注目されるなど、応用範囲は広がり、その効果も見直されている。

残り66%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

事業構想セミナー・説明会

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる