見出しで伝えるストーリー

家族向けフォト・コミュニケーションサービスを手掛けるノハナ。毎月1冊無料でフォトブックを作成するサービスで急成長し、スタートから1年で会員は70万人を超えた。その事業計画書の秘訣とは。

ノハナは、スマホで撮った子どもの写真を無料でフォトブックにできるサービス

スマートフォンで撮影した写真が家族で共有でき、さらに毎月1冊無料(送料別)でフォトブックがもらえるアプリ「ノハナ」。

昨年2月のサービス開始後、1年で約70万人の登録ユーザーを集めているこのサービスは、ミクシィが新規事業創出を目的に設立した「イノベーションセンター」から生まれた事業である。ノハナ代表取締役社長の大森和悦氏は、2004年からミクシィで働き、昨年、イノベーションセンターに応募した事業計画が採用されて代表に就任した。

社内の声からニーズを発見

この事業のアイデアは、どのようにして生まれたのだろうか。

大森和悦 ノハナ代表取締役社長

「自分自身、子どもの写真をたくさん撮っていて、気づけば6000枚分のデータがたまっていました。これを何とかしたいと思ったのがきっかけです。最初は写真のデータをオンラインで整理して、家族でシェアするようなSNSを考えていました」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り76%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。