2014年5月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

出る杭の才能を生かす育成法

つながりが生む 「未知の発想」

作佐部孝哉(アクセンチュア 戦略コンサルティング本部人材・組織マネジメントグループ シニア・プリンシパル)

1
​ ​ ​

イノベーションは、異質なモノがつながることで生まれる。社外との「つなぐ化」を進める上で、重要になるのが、強いリーダーの存在だ。

作佐部孝哉
アクセンチュア 戦略コンサルティング本部
人材・組織マネジメントグループ シニア・プリンシパル

産業能率大学が技術系部門の管理職(従業員1000人以上の企業)を対象とした調査によると、「オープンイノベーションという言葉を知らない」という回答が約6割もあったそうです。日本ではまだ取り組みが進んでいない証左なのでしょうか?日本企業は、たとえば自動車業界の「系列」のように元来他社と協業することが当たり前だったことが大きいように感じます。

残り72%

1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる