2014年5月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

出る杭の才能を生かす育成法

東大発 次代のリーダーを育成へ

國吉康夫(東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授)

0
​ ​ ​

東京大学が、新たな人材育成プログラムを展開。日本経団連などとも連携し、実践的なプロジェクトを経験させることで、社会的イノベーションを先導するリーダーの養成を目指す。

GCLでは、学内の連携、産官学民や海外機関との協働を推し進め、東京大学のポテンシャルを発揮させる
Photo by mrhayata

なぜ日本の電機メーカーは高い技術力を持ちながら、iPhoneをつくれなかったのか。なぜ原発事故現場で先陣を切ったのは、国産ロボットではなかったのか。スマホやクラウドサービスが普及し、ITインフラも整備されているのに、なぜ日本の行政は先進各国に比べICTの利活用が遅れているのか。

現在、日本は数々の問題を抱え、危機的状況に置かれている。

専門を超え、全体を設計

國吉康夫 東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授

こうした現状を打開するため、2012年、東京大学に設立されたのが「ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム(GCL)」である。情報理工学系研究科教授で、ソーシャルICT研究センター長を務める國吉康夫教授は、新たな人材育成の必要性を訴える。

残り74%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる