2014年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

グロースハッカー

米国グロースハッカーの実像

月刊事業構想 編集部

2
​ ​ ​

ここまで、グロースハッキングのロジックや手法、主に国内のグロースハッカーについてみてきた。
すでにグロースハッカーが職種として成り立っている米国をはじめとして海外の代表的なグロースハッカー像を見てみよう。

グロースハッカーに強い人材ニーズ

グロースハックの名が生まれたのは、Dropboxのグロースハッカーであったショーン・エリス氏から。人材採用に当たって、従来のマーケティングとは異なる、数字に強い役員が欲しく、人材像を伝えるために生み出した言葉とされる。2010年9月ごろのことである。以降、「グロースハック」の広がりは早かった。企業にはグロースチームが設けられ、「Growth Hacker」名の求人が数多く生まれ、LinkedInでマーケターが肩書きを「Growth Hacker」に変えると企業からのオファーが来るようになる――米国では、本当に市場感をもったリアルな動きになっているのだ。

そこで、今回の特集であげたグロースハックの手法にあてはまる、スケールの大きい人物を6名、グロースハッカー像として取り上げてみたい。

残り84%

2
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる